top of page
慢性的腰痛肩こりなど

痛みには大きく分けて「急性痛」と「慢性痛」の2つがあります。簡潔に言うと、ケガをしたときなどに感じる痛みが急性痛で、肩こりや腰痛など数ヶ月以上長引いている痛みが慢性痛です。
慢性痛を放置していると、心身ともに消耗し、不眠や食欲不振、集中力の低下、イライラなどの症状が現れることがあります。慢性的な痛みによるストレスで、うつ傾向となり、社会生活に支障をきたす可能性もあります。

なんらかの慢性痛で悩んでいる人は全国で約2万人以上、日本人のおよそ5人に1人いて、そのうちの66.6%は「痛みがあっても我慢するべき」と考えており、長く続く痛みに対して「痛みが治ることを諦めている」と回答した人は69.1%もいるそうです。
慢性痛は適切な施術をおこなえば改善される痛みです。慢性痛は「いつものことだから」と軽く考えず、体の不調と向き合って、適切に治療していきましょう。


​当院では慢性痛に対して、主に「緩消法」という手技で施術します。緩消法は慢性痛の原因である、筋肉の硬さ、筋肉の緊張を取り去り、即効性がある施術方法です。痛くない施術ですので、子どもから高齢者までどなたでも施術を受けることが可能です。

 

慢性痛施術

 

基本施術料金(部位ごとの施術)

・3,000円(カウンセリング込)

・施術一箇所追加ごとに1,500円

※ 慢性痛(負傷の原因が分からない急性のケガではないもの)の施術は健康保険適用外です。

お問い合わせはメールフォームから。ご予約はお電話または予約ボタンをクリックしてください。

bottom of page