top of page
スポーツなどによる痛み

運動、スポーツによって関節、靭帯、腱、骨などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害のことを総称してスポーツ障害といいます。オスグット病、シンスプリント、タナ障害、疲労骨折、野球肩、野球肘、テニス肘など、スポーツをしている人なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
これは、練習前のウオーミングアップ、練習直後のアイシング、運動前後のストレッチなどで予防や改善がはかれますが、小学生のスポーツ少年団や中学生の部活動などでは、しっかりと時間をかけたウオーミングアップやス
トレッチなどは行われていないのが現状ではないでしょうか。
初期の状態であれば、短期間のスポーツ休止と適切な治療で改善がみられますが、無理をして悪化させてしまった場合、長期のスポーツ休止のみならず、良いスポーツパフォーマンスを二度と発揮できない状態に陥ることもあります。

スポーツ障害は急性の捻挫などのように、強い痛みで動かせないようなものではなく、我慢すれば動けてしまう、運動できてしまうので、ついつい無理をしがちですし、「単なる疲れだろう
」「子どもだから成長痛だろう」と考えて、症状が出てからしばらく放置してしまうケースも少なくありません。スポーツ障害も急性のケガ同様、早期に治療をすることが重要です。

当院では、必要に応じて適切に、早期回復できるよう施術を行い、症状によって包帯等での固定、テーピング等を行います。

お問い合わせはメールフォームから。ご予約はお電話または予約ボタンをクリックしてください。

bottom of page